石油連盟

灯油でもっと!エコ&省エネ ほかほかアカデミー

ほかほかブログ
底冷えする雪深い山形の暮らしに灯油が大活躍!

年間降雪量が3mを超える豪雪地帯の山形。
潜熱回収型高効率石油給湯器『エコフィール』と灯油ボイラーからの温水を利用した床暖房で、2世帯のあったか灯油ライフを満喫されている山形市Hさんのお宅におじゃましました。


湯カバ教授の豆情報!

積雪が多く日照時間も少ない山形は、特に家の1階が底冷えするそうです。そんな山形では、点火してすぐに暖まる灯油暖房が昔から根強い人気があり、ミニローリーでの灯油販売網ができあがっています。

灯油式温水床暖房は暖まりが速く、費用対効果にも期待!

Hさんのお宅は、2011年9月に完成した高気密・高断熱住宅。
1階にHさんのお母様、2階にHさんご夫妻とお子さん3人で暮らしています。
エコフィールが2台と灯油ボイラー1台が設置されていて、198ℓのオイルタンクに貯めた灯油で、床暖房と給湯器の運転をまかなっています。
床暖房は、1階で生活されているお母様が冬に底冷えでつらい思いをしないようにと導入されたそうです。「暖房の立ち上がりが速いし、足元がぽかぽかしていると空間全体が暖かく感じます。床暖房のない玄関や2階にも熱が届くので、導入して正解でした」とHさん。

お母様も「この家で一番良かったと思うのは床暖房。まるで暖房のごちそう」と手放しの喜びよう。玄関に一歩入っただけで、おいしいごちそうをいただいたときと同じように幸せな気持ちになれるそうです。
ところでHさんは、以前から床暖房を導入するなら「熱源は灯油」というイメージがあったそうです。

他のエネルギーとコスト面を比べたときに、灯油が一番、割安感があったからです。灯油自体の価格はもちろん、費用対効果にも目を留めていました。
「灯油式温水床暖房は、灯油ボイラーのハイパワーで循環水(不凍液)を一度温めてしまえばあとは少ないエネルギーで温度を一定に保てばいいので、ランニングコストが優れていますよね。設備的にもシンプルなので、たぶんメンテナンス費用も他と比べてあまりかからないのではないかと思っています」。


湯カバ教授の豆情報!

Hさんのおうちでは1階のリビングとキッチン、お母様の寝室に床暖房を施設しています。1階は床暖房だけで充分暖かく、暖房を止めたあとも余熱で暖かいため、夜寝るときにお母様は電気毛布なども一切使わなくなったそうです。灯油式温水床暖房は他の暖房器具を使わなくても温もりに満足できるという点でも、メリットが大きそうですね!


湯カバ教授の豆情報!

Hさんがお住まいのエリアでは大震災の直後、電気が2日間止まり、ガスも点検のために一時期使えなくなったそうです。そんななか、灯油だけはずっと手に入ったんだとか。実際、灯油は全国に供給インフラが整っているから普段も安定して使えるし、貯蔵や輸送も容易なことから大震災のあと、特に「災害時に強いエネルギー」として期待が高まっているんですね。

新居の計画中に3.11の大震災。“備蓄できる灯油が安心”の結論に

Hさんはお仕事で業務用ボイラーを扱うボイラーの専門家。排気から更に熱を回収する画期的な性能を備えたエコフィールに以前から興味があり、新居に導入してみようかと考えていたそうです。そこに震災が起こり…。

「やっぱりエコフィールにしようと。オイルタンクに灯油を備蓄しておけば、いざというときに煮炊きや暖房に使えるし、安心かなと思いました」。
Hさんの3人のお子さんは小学生と中学生でどろんこになって帰ってくることも多く、お湯をたくさん使う年頃。お湯切れの心配がないエコフィールは、家族のライフスタイルにも合っていたと言います。
「1階と2階のどこでお湯を出しても何の不便も感じませんし、快適なことが当たり前になっています」。

そんなHさんはエコフィールの使用感に、ボイラーの専門家ならではの感想も持っています。

まず、エコフィールの排気口から出る白い湯気。これを見ると「排気からも熱を回収して効率よく運転しているな」と思うそうです。
「白い湯気が出るのは排気温度が下がっている証拠だから、それだけ排熱ロスが少ないということなんですよ」。
もうひとつは、シャワーを出したときの水圧。
「お湯が勢いよく出るので、水道直圧式タイプのエコフィールの快適性を実感する部分ですね」。

さらにもうひとつ、音の静かさも。
内部のサイレンサーが外へ漏れる運転音を小さくしているので、ご近所に迷惑をかける心配もなく、夜でも安心して使えるそうです。
「仕事上ごくまれに家庭用給湯器を取り扱う場合もあるんですが、全く何の問題もなく自信をもっておすすめできることがわかりました。」


湯カバ教授のまとめ!

Hさんはボイラーに詳しいということもあって、エコフィールのメリットをとてもよく実感してくださっているようですね。山形では震災をきっかけに、給湯器も石油系にしようと考えるおうちが増えているそうですよ。「ひよこくんの工場見学」でも紹介している停電時対応型エコフィールなら、万が一の場合にもっと心強いですね!

灯油式温水床暖房とエコフィールのお風呂であったか生活(各画像をクリックすると拡大されます。)
  • 暖房の立ち上がりが速い灯油式温水床暖房
  • お湯が勢いよく出るエコフィールの快適シャワー
  • 台所と通話もできる浴室リモコン
  • 耐候性の高い屋外設置タイプのエコフィール
湯カバ教授のお宅訪問Vol.1北海道篇