2009年度下期 湯ごこち川柳募集キャンペーン 優秀作品発表
見事、大賞と一般投票優秀賞のダブル受賞です! 大賞・一般投票優秀賞「ドキドキが トキドキになる 夫婦風呂」雅号 ふくふく おめでとうございます!
選者コメント

皆さんの投票結果と選者の気持ちが一致した堂々たる大賞です。「ドキドキ」と「トキドキ」という言葉の組合せが単なる語呂合わせではなく、新婚から倦怠期までの時間的経過を見事に表わしていて、句意への共感性と相まって投票1位につながったのでしょう。ユーモアとペーソスを兼ね備えた見事な湯ごこち川柳と言えます。

投票者コメント(抜粋)
  • ドキドキがトキドキと言う表現が面白い。
  • 思わずうなずく、とてもナイスな作品だと思いました。
  • ユーモアがあり、今の自分達のことみたいで、面白い!!
  • ドキドキとトキドキをかけてあるところが純粋にうまいとおもったし、なんかリアルな現実だけど、それでも夫婦の愛の形を物語ってる感じがあったかくて、すごく良い夫婦像が頭に浮かんできました。
  • 結婚当初の頃のドキドキ感、今はもう過去の話・・・とてもわかります!!!
  • 韻の踏み方とほとんどの夫婦がそうそうとうなずける作品だと思います。
次点「親子風呂 昔は親と 今は子と」雅号 クッキーのパパ
選者コメント
  次点「一日が リセットできる バスタイム」雅号 モコ
選者コメント
  次点「湯加減を きく母がいる 里帰り」雅号 馬左史
選者コメント

この作品も長い時間的経過を感じさせて味のあるものに仕上がっています。子供の立場であった親子風呂から、今では親の立場になった親子風呂、そこに一編のドラマを感じます。風呂の中でのいろいろな遊びや数を数える光景が、現在そして過去まで思い起こさせてくれます。親子の情の濃い温かな湯ごこち川柳です。

ゆったり浸ることで今日一日の疲れを流してくれるお風呂、日本人なら誰でもお風呂は好きですね。明日へのファイトも湧いてきます。こうした情況を詠んだ作品は結構多いのですが、「一日がリセットできる」と詠んだところに現代的な味があり、共感を呼ぶ作品になっています。「バスタイム」という締めも効いています。やる気の湧く湯ごこちです。

薪を焚いて沸かしていた頃のお風呂では、焚き具合によって湯加減が変わるので、入っている人に湯加減を聞いたものです。今のガスで沸かす場合でも、沸かしておいた湯加減を入った人に聞くことがあります。何れにせよ帰省した実家で、風呂を沸かしてくれた母から湯加減を聞かれる。昔と変らない温かい母の声に湯ごこち満点ですね。

総評

今回は何と7000句近い応募、誠にありがとうございます。その分、素敵で新たな湯ごこち川柳も多く、選考に苦労しました。絞りに絞ってまず85句を選出、その中から厳選の30句を投票対象句としました。さらにそこから入賞句4句を選出して皆様の投票結果を待ちましたが、何と投票1位と大賞作品が見事に一致、次点3句も投票上位を占めていました。皆様の思いも同じということで嬉しく思っています。投票上位に入賞句にひけを取らない「美人の湯」の佳句が2句ありましたが、前回の大賞と投票1位の作品も美人の湯であったので、今回は遠慮させて戴きました。悪しからずご了承ください。何れにせよ多くの素敵な「湯ごこち川柳」に浸れて、選者冥利に尽きます。重ねてありがとうございます。

2009年度下期 湯ごこち川柳キャンペーン 概要

応募期間
2009年9月28日(月)~2009月11月29日(日)

投票期間
2009年12月18日(金)~2010月1月17日(日)

大賞・次点選定
期間中に投稿された全てに作品から津田暹氏(全日本川柳協会理事、川柳研究社副主幹)及び湯ごこち選定委員会による厳正なる審査により各賞を選出いたしました。

一般投票優秀賞選定
期間中に投稿された全てに作品から津田暹氏(全日本川柳協会理事、川柳研究社副主幹)及び湯ごこち選定委員会による厳正なる審査により、入選30作品を選出し、入選30作品の中からWEB投票によって、投票数を多く獲得した作品を優秀賞として選出いたしました。

副賞
大賞:JTB旅行券3万円
次点:湯ごこち川柳特製湯のみ
一般投票優秀賞:Panasonic ビエラ ワンセグ