コラム2 灯油が日本の暖房の歴史を変えた 経済的で扱いやすい燃料

明治時代の暖房といえば、一般家庭では依然として火鉢が主役。庶民にはあまりなじみのなかったストーブも、石炭や薪を燃やしていた時代です。そんな時代に灯油は、大きな可能性を秘めた夢の燃料として日本の技術者を刺激しました。そして、技術者の夢をかなえる突破口となったのが、1892年(明治25年)にスウェーデンで開発された「加圧式ポータブルストーブ」です。

「加圧式ポータブルストーブ」は、灯油を気化して燃焼させる画期的なものでした。1920年(大正9年)には日本にも輸入され「コンロ兼用応用ストーブ」として販売されました。この原型にほぼ近いものを、わたしたちは今も登山用具専門店に並ぶ「灯油式バーナー」や「加圧式ランタン」などに見ることができます。

「コンロ兼用応用ストーブ」の輸入販売以降、日本の技術開発も盛んになり、戦後1952年(昭和27年)に国産メーカーから「灯油加圧式コンロ」が発売されます。さらに1955年(昭和30年)には灯油加圧式コンロの技術を転用した「加圧式石油ストーブ」が発売され、大ヒットを記録。省エネに優れ操作も簡単な石油ストーブの登場によって火鉢は姿を消し、石油と灯油機器はわたしたちの暮らしになくてはならないものになっていくのです。