解説③

転倒しても火災の起こらない構造を各メーカーが研究開発
(耐震消火装置)

1952年(昭和27)に発生した十勝沖地震の被害実態の分析が発表されたことから、転倒しても火災の起こらない石油ストーブの構造ついて研究開発がなされました。

出典: ペトロテック第35号 第11号
日本ガス石油機器工業会50年史
経済産業省HP