解説④

東京都では耐震消火装置のない石油ストーブは使用禁止に

東京都の火災予防条例に、石油ストーブの耐震消火装置が義務付けられました。
現在では転倒後10秒以内の消火と震度5相当以内での振動で消火がJISに定められています。また、密閉された住宅での使用による事故を防ぐために、硫化水素の発生を抑えるよう灯油の硫黄分についてJIS改定がなされたのもこのころです。

出典: ペトロテック第35号 第11号
日本ガス石油機器工業会50年史
経済産業省HP